We are Rugby Family!

みなとラグビーまつり2019港南・お台場・芝公園&ラグビーワールドカップ2019™パブリックビューイング
開催決定!詳しくは下記バナーよりご確認ください。

港区ラグビーフットボール協会 事業セクションのご紹介
地域事業 普及事業 競技事業 育成事業
事業内容について詳しく見る

ご挨拶

日本国内におけるラグビーは、100年以上の歴史があり、選手数は世界で4番目でラグビー日本代表の世界ランキングは第14位(2012年3月現在)等、高いポジションと精神性を持つスポーツですが、野球やサ ッカー程、国民を巻き込む強い人気がないという課題を抱えています。
しかしながら、2016年のリオデジャネイロ五輪からは7人制ラグビーが正式種目として採用されること が決まっている他、2019ラグビーワールドカップのホスト国が日本である等、日本のラグビーフットボ ールは大きな転換期を迎えています。 国内のラグビー(ラグビーユニオン)のトップリーグを総括している財団法人日本ラグビーフットボー ル協会(JRFU)では、この来るべき新時代に向け、日本ラグビーが国際力を高め、世界のメジャーユニオンに伍した存在となることが必要となることを目標に、様々な戦略を持って活動を展開しています。
我々も、JRFUの新理念「We are Rugby Familly」や、ミッションの実現に向け、一丸となって活動を展開すべく、ラグビーの聖地・秩父宮ラグビー場のある港区にて「港区ラグビ ーフットボール協会」を設立することといたしました。 特に、JRFUが掲げる「地域に根ざした取り組み」の一翼を担い、スポーツとして新時代を迎えようとしているこの転換期をチャンスととらえて地元企業や地域の商店街、地元団体等との連携を大いに行い、国際性豊かな地域社会の活動拠点として次代を担える健全な子供たちの育成に寄与していきたいと考えております。

2015年10月1日
一般社団法人 港区ラグビーフットボール協会
会長  黒崎 祐一

 

リンク

ページトップへ戻る